ホームフィールドマーケティングサービスツール・ノベルティ制作

ツール・ノベルティ制作

店頭で真に使われるツール、店頭で真に効果的なノベルティ

ツール・ノベルティ制作ビジネスモデル図

店頭ツール表現は、メーカーからの一方通行の発信ではなかなか有効活用ができません。店頭での販売に長年の実績があるバックスグループは、店頭ノウハウやセールストークを活かした店頭づくりを実現していきます。

もうひとつの重要な視点は「店頭の販売スタッフが活用しやすい」ということ。なかなか受け取ってもらえないチラシを配布する業務に手を取られ肝心の接客・クロージングまで手がまわらなかった、なんていう事例も存在します。販売スタッフの動き、活動を熟知しているバックスグループは、販売スタッフの支援になり得るという視点からもツールを開発します。

ノベルティも人気アイテムを単にプレゼントすれば効果が上がるというわけではありません。商材の特性にマッチし、その商材自体を後から思いだすことができたり、商材の世界観を伝えたりできるアイテムを開発・選定します。

印刷会社やSP会社のように、発注に多くのロットを必要としません。販売スタッフの数に合わせて、必要な数を必要なタイミングでつくっていけることも、スタッフとともに歩んできたバックスグループの強みです。

このような課題にお応えします
  • チャレンジ1
店頭ツールの効き目が今一歩だと感じている
  • チャレンジ2
店舗毎に異なった販促施策を打ちたい
  • チャレンジ3
現状、ツール制作は印刷会社やSP会社に、ヒトの部分は人材会社に発注しているが、これを一括で発注・管理したい

バックスグループのツール・ノベルティ制作の特徴

  • 販売スタッフの活動を後押しするツール・ノベルティを制作します
  • 小ロット省コストの発注に対応します
  • 販促視点とブランド視点を両立するツール・ノベルティを制作します